脳の病気|女性がなりやすい更年期障害の症状は人それぞれ違い治療法も違う
医者

女性がなりやすい更年期障害の症状は人それぞれ違い治療法も違う

脳の病気

医者

健康で長生きするためには、体調管理が必要不可欠です。体調管理をする際に、強い味方となってくれるのが、病院などの医療施設です。病気にかかってしまった時の治療を受けることができ、また体調を管理するためのアドバイスを受けることができます。少しでも体調に異変を感じたら、すぐに病院に行って診察を受けるようにしましょう。40代に差し掛かった頃から注意したい病気があります。それが、脳梗塞です。脳梗塞は、脳内の血管が塞がれてしまい、血流が妨げられるという病気です。40代の実に30%が脳梗塞の疑いがあると言われています。早期発見によって、後遺症や死を招くような症状を防ぐことができます。初期症状を把握して、思い当たる所があれば病院で検査を受けましょう。病院で受けられる検査は、CTやMRI、MRAなどです。その他にも、心電図や血液検査なども行われます。定期的にこのような検査を行うのも良いでしょう。
脳梗塞は、生活習慣病になると発症のリスクが高まります。高血圧や、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病は血管に大きな負担を与えます。血管の負担が蓄積すると、動脈硬化を引き起こします。動脈硬化は脳梗塞の発症リスクを上げる病気です。生活習慣病が二つ以上組み合わさったメタボリックシンドロームになると、より動脈硬化による脳梗塞のリスクが高まります。生活習慣を見直して、脳梗塞の予防・改善に努めましょう。脳梗塞を予防するために必要不可欠なのが、食生活の改善です。油っこくて塩分の強い食事を継続して摂取していると、脳梗塞のリスクがどんどん高まります。どのような食生活を避けて、どのような食生活を送ればよいのかを把握しておきましょう。