若い人の感染と定期検診|女性がなりやすい更年期障害の症状は人それぞれ違い治療法も違う
医者

女性がなりやすい更年期障害の症状は人それぞれ違い治療法も違う

若い人の感染と定期検診

カウンセリング

C型肝炎はかつて高齢の方がかかる病気だと言われていました。そのため、60歳以上の方に注意が向けられており、高い意識を持っている人もそれくらいの年齢の方がほとんどでした。しかし、最近では若い人でも感染する恐れが考えられています。なぜ若い人がかかる可能性があるかというと、ピアスを着用する人が多くいるからです。本来、衛生面に気を使ってピアスを扱っていれば、C型肝炎にかかることはありません。しかし、若い人の中には衛生面への気遣いを怠る場合があります。あまり重い病気になるとも考えず消毒をしなかったり、他人が着用したピアスを着用したりなど、乱暴な熱いが多い場合があるのです。そういったピアスの使い回しなどから、C型肝炎は感染する恐れがあります。気付きづらい病気であるからこそ、若い人同士の感染に関する意識が大切になってくるのです。

C型肝炎は症状としてわかりづらいことが特徴です。しかし、体調の異変がまったくおきないというわけではありません。主な症状としてはまず身体に力が入らなくなり、だるさを感じることがあります。また、食欲がなくなってしまったり、むくみなどが出る場合もあります。これらの症状は重い病気だと捉えられることがあまりないので、なかなかC型肝炎だと判断することが難しいのです。では、どのように早期発見を行えばよいかというと、定期検診を受けるという方法があります。身体に異変がなく、健康的な生活を送ることができているのだとしても、身体が病気になっていないとは言い切れません。定期検診は、そんな病気も見つけることができるので、体調管理をする上でとても大切になってきます。年に1でも定期券有心を受けることができれば、C型肝炎の早期発見にも繋がってきます。